廃車どっとこむ

「永久抹消」の方法とは?

自動車廃車手続き「永久抹消」の方法とは?

自動車の廃車を行う際には、その登録を抹消する必要がありますが、登録の抹消には一時抹消と永久抹消があります。 一時抹消は一時的にその自動車を登録から外し、自動車税の課税を避けたり、次の所有者に引き渡すまでの間や解体するまでの間に時間が生じる際に一時的に登録を抹消する方法です。この際には登録抹消届けを提出するだけで済みます。
一方、永久抹消の場合には自動車を解体し、その解体証明書を持って届け出をすることが必要になります。永久抹消の届けは解体までにはできないので、解体までに期間がある場合にはまず一時抹消届けを提出して登録を抹消し、その後解体を行った証明書を提示して行うことが必要です。
ただしこの場合には手続きが2回行われることになり、それぞれに手続きの費用が発生するため、期間と費用を十分に確認して行うことが大切です。
自動車の廃車を行う際には、自動車税の問題など様々な問題が発生することが多いので、これらを総合的に判断して最適な手続きを行うことが大切です。

廃車手続きを代行してくれる業者とは?

廃車手続きを代行してくれる業者とは? 様々な理由によって、所有している車が必要でなくなることがあります。その場合、廃車にする人も少なくありません。車を廃車にする場合、自分で手続きをする人もいますが、仕事を持っている場合、平日に手続きを行うのは大変です。
日本には、煩わしい手続きを代行して行ってくれる業者が数多く存在しています。車の乗り換えで廃車にするケースも多いので、ディーラーや販売店でも代行してくれるところがあります。
行政書士も、よく知られています。行政書士が、忙しい車の所有者の代理として、陸運支局に行って手続きを代行してくれます。
ただ、行政書士は書類の手続きができるだけで、車の解体を業者に依頼したり、車を持ち込むことまではやってくれません。また、代行手数料が必要になります。
最近、人気を集めているのが、廃車買取会社です。買取会社は、車両を解体して、使うことができるパーツがあればリサイクルして使い、その他は鉄やアルミなどの資源として利用します。